スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月27日保護★衰弱した子猫

今年の春。

クマさんちからチャトラのテンちゃんをお迎えくださった富士宮市Tさま。

御主人はたびたび譲渡会に顔を出してくださり、

何度もご寄付もいただいたりと、

いつもとってもお世話になっておりますm(__)m

そんなTさま、

ここ数日でどうやら猫神憑きになってしまった気配が…


ファーファのトライアル先にほど近くの場所にTさまのご自宅があります。

そのご近所で野良猫が子猫を産んでしまい、

この寒空で厳しいお外暮らしはあまりに不憫だからと、

母猫の避妊手術と、可能なら子猫たちの飼い主を探してほしいとクマさんに依頼がありました。

医療費の負担をしてくださる場合に限り、避妊手術のための捕獲や搬送は出来る限り協力させていただいています。

子猫に関しては、現在他にも保護猫がたくさんいることを考えると、なかなか厳しいです…。

ひとまず子猫の様子がどんな感じか、ファーファのトライアル先からの帰りに私が様子を見に立ち寄ることになりました。


Tさま御夫婦と落ち合い、一緒に親子猫の住む場所へ向かいました。

そこは住む人のいない荒れ果てた廃屋です。

ブロック塀越しに中をのぞくと、一匹の小さな小さな子猫が、草むらの上にうつ伏せにうずくまっていました。

その子猫は明らかに衰弱していて、かすかに顔をあげたものの、立ち上がって逃げることも出来ないようでした。

Tさまによると、以前からこの子だけ目ヤニが出ていたようなので、風邪をこじらせてしまったのでしょう。

このまま夜を明かせば確実に命を落とします。

その姿を見た瞬間、とにかく保護する以外の選択肢は頭から消えました。

足場もないような木と雑草に覆われた裏庭へ、

どうにかTさま(御主人)に中に入って子猫を拾い上げてもらいました!


そうして連れ帰った子猫がコチラです。

手に乗せるとひんやりと冷えきって、

ネバネバの目ヤニには土がくっついて目を覆っていました。

鼻水もひどく、鼻がつまったせいで母乳を吸えず、余計に衰弱が進んでしまったのでしょう。

お鼻ズビズビ、胸はゼコゼコ…

とにかくお湯で温めながら目ヤニと鼻水を流しました。

ノミのフンが大量についていましたが、ノミは一匹もいませんでした。

寄生している動物の体温が下がると、ノミは死期を察知して宿主を見限っていなくなるのです。

ノミにもわかるほどの死にかけっぷりでした(涙)


それでも、体が温まりお鼻に血色が戻った頃、

ようやくミ~と小さな声をあげました(´;ω;`)

ひとまず安心です。


湯上がりホカホカ。

ドロンコの中身はこんなお顔でした~(>_<)

でも数時間でまたこんなになってしまいます↓

おめめガビガビ。

お鼻づまりのせいでなかなか上手くミルクも飲めず授乳に苦労しています。

あまりに飲むのが下手なので、口蓋裂がないか上顎を執拗にチェックしてしまいました。

口蓋裂とは、上顎に穴が開いている奇形です。

上顎の穴からミルクが鼻に逆流してしまうので、苦しくてミルクを飲めないことがあるのです。

口蓋裂の子猫を野良のお母さんが育てても、

母乳を上手く飲めずに自然に淘汰されてしまうことが多いのではないかと思います。

でも、この子は大丈夫でした!

次の日にも病院でチェックしてもらいましたが、ちゃんと正常な上顎でした。

やはり鼻づまりのせいで、ミルクを飲むと苦しいのではないかとのこと。


体重は150グラム。

生後1ヶ月にしては驚異の小ささです(涙)

ほぼ同じ月齢でガリガリだった「茶畑のいつつご」よりさらに半分体重しかありません。

脱水が激しいので点滴もしていますが、

お口で栄養を摂らないと大きくなれません!



病院で、ドライフードあげてみたら?と言われて口に近づけてみました。

すごい勢いでガッツクんですが、

三回むにゃむにゃ噛むと口から出てきてしまいます…。

自販機に千円札入れて戻ってきちゃった時みたいな感じです( ̄▽ ̄;)

その後、どうにかヨーグルトなら上手に食べられることを発見しました!

カスピ海ヨーグルトは粘るので、チュルチュルお口に入っていきます。

今日はオールフードと粉ミルクを混ぜて舐めさせました( ̄▽ ̄)b


文句があると大声を出します(^_^;)

命名ミニーちゃん♀。

ミニーマウス似の声でよく鳴くのです。


ごはんイヤイヤ!


なにそのへの字口っ( ̄▽ ̄;)


ミルクにゃんて…


ヤダーーー!!!


…(;´д`)


二日間インターフェロンの注射に通って、

たいぶ元気になりました。

泣きまくり~なミニーの成長を見守ってください(・д・)ノ


ミニーと同じく、ノミにも見限られて死にかけだったマカロン♂(ガリガリいつつご)。

ミニーもマカロンみたいに元気にふくふくに成長するよう、お世話を頑張ります!


ちなみに、

ミニーのお母さんは翌日に捕獲器に入り、

無事に避妊手術が済みリリースしました。

他の兄弟たちはまだ食べ物への興味がなく、捕獲器で捕獲するには小さすぎるとのことで、ひとまず保留です。

避妊の際に母猫は血液検査を受け、エイズ・白血病どちらも陰性でした!

母子感染の可能性がなくなり、ミニーも感染なしと判断出来ます。

よかったです~。

今回のTNRと血液検査の費用は、Tさまが全額ご負担くださいました。

ありがとうございましたm(__)m

捕獲も本当にお疲れさまでした~。


とりあえず一段落、と胸を撫で下ろしていたら…

なんとTさま、

その二日後に箱入りで遺棄されていた四匹の乳飲み子を発見してしまいましたΣ(-∀-;)

そうしてやってきたのが、


すでに紹介したクマさんち新入りです。

ヤバイですよTさま~。

完璧に猫神様にロックオンされてますって( ̄▽ ̄;)

しばらく外出禁止を命じますっ(・д・)ノビシッ


クマさんち所属の新入り乳飲み子たちの成長も見守ってください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asami

Author:asami
【ご支援のお願い】

私たちは、それぞれ個人で協力し合いながら、自費で保護活動・TNR・里親探しを行っています。

保護猫の健康診断費用や病気やケガの治療費用のご支援をいただけましたら、とてもとても有り難いです。


− ご支援金口座 −

● お振込先

富士信用金庫 富士支店

● 口座番号 普通 預金 0281983

● 口座名義 CAT TOWN


※ゆうちょ口座をご希望の方はご一報ください。

お振込いただいた支援金は、CAT TWONメンバーで共有し、すべて保護猫の医療費のために使わせていただいています。

ご協力をお願い致しますm(__)m

CAT TWON
http://nekotag.web.fc2.com/


支援物資も大変助かります。

使わなくなったタオルなど布物、フリース類、ペットベッド、ケージ、ペットシーツなど、
ご寄付いただける物がありましたら、譲渡会の会場へお持ちいただくか、お送りください。

ドライフード・缶詰・猫砂・ペットシーツ等、毎日消費している物資も大変助かります。

発送前にご一報ください。

candy0920nyan★yahoo.co.jp(★⇒@)

何卒よろしくお願い致しますm(__)m


2013年5月 猫カフェを猫達ごと丸ごと引き取って営業をはじめました。

猫カフェ フェールボー
http://fairebeau.eshizuoka.jp/

はぐれCATSでお馴染みの保護猫スタッフも活躍中です!

富士市にお越しの際はお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。